遊び心と贈り物

オリジナリティを重視する

プレゼント

オリジナルギフトとは、既存のアイテムに一手間を加えて世界に一つしかないものにできるギフトです。有名なのが名前入れです。結婚式の引き出物に陶器の器やボックスを贈るのは定番ですが、それだけでは味気ないでしょう。その場合、参列者のイニシャルを刻んでその人だけのオリジナルアイテムにランクアップさせることができます。名前を刻む際に気をつけたいのが、デザイン性の問題です。特に外で使える引き出物を贈る場合、周りから名前が丸分かりになるような刻み方は避けましょう。大人の持ち物にフルネームで名前を入れることはありませんし、個人情報を考えると使い勝手が悪くなります。刻む名前をイニシャルだけにしたりお洒落なフォントにしたりすれば、デザインの一つとして魅力が引き立つでしょう。またオリジナルギフトであれば遊び心を前面に押し出したものも用意できます。例えば市販されているノートの表紙を特定の写真に変えたり、オリジナルな切手を作ったりできるのです。こうした品は夫婦や参列者の写真をそのまま使っても楽しんでもらえます。相手の写真を利用してオリジナルな引き出物を作る際は事前に許可を取りましょう。一般的に結婚式の引き出物は四千円から七千円を相場と考えて選びます。オリジナルギフトを用意する際もそのくらいの価格帯を目安に用意しましょう。名前を刻んだボールペンは五千円ほどが相場であり、ビアジョッキは四千円ほどが平均と考えておきましょう。

スマートに贈る

人形

結婚する際にお祝い金やお祝いの品をいただいた場合、お返しをするのがマナーです。相手を結婚式に招待する場合は、ご祝儀に対するお返しを引き出物という形で渡します。引き出物の相場は、地域によって差が出ることがあります。引き出物には、記念品、引菓子の他、果物や赤飯など、地域の風習が加わることがあるからです。地域の風習がある場合は、家族や親族などとしっかり相談して決めることがおすすめです。お返しの品のマナーとしては、いただいた金額の半額程度のものを準備する、というのがあります。しかしながら、金額の異なる祝儀に対して、全く同じものであるというわけにはいかないということから、内容や品数に差をつけることもあります。その場合注意したいのが、引き出物の内容が異なることを見た目でわからないようにすることです。見た目で中身が異なることがわかると、もらった人に気を遣わせることになってしまいます。ご祝儀の額によって内容に差をつけたい場合は注意しましょう。そのようなことに悩む場合は、カタログギフトや引き出物宅配サービスを利用する方法があります。カタログギフトは、見た目のサイズは同じカタログでもいろいろな金額のカタログが準備されています。コンパクトで軽く、持ち帰りやすいところも評判です。同じく引き出物宅配サービスは、個々の自宅に引き出物を送ってくれるサービスです。この場合、個々で贈り分けしたい場合、他の招待客に見られることはありませんので、その心配をせずに済みます。また結婚式の当日、身軽で帰宅できることが人気です。

時代で変わる捉え方の違い

風呂敷

結婚式に出席した方に贈る引き出物には、縁起物を相手に贈るという意味があります。引き出物の言葉の由来は、宴席に出た方へのお土産を馬に乗せて引きまわして披露したことから始まったものです。その後、結婚式で出した料理をお土産にして持ち帰って頂くという流れに変わりました。これは、縁起の良いものをおすそ分けする意味が含まれていたと考えられます。その後、鰹節、赤飯、砂糖、昆布などが引き出物として使われるようになりました。これらの品物は、それぞれ縁起の良い意味が込められたものばかりです。鰹節は昔、武士の活躍を褒め称える品として贈られており、一族の繁栄の祈りが込められています。赤飯の赤には災難から逃れるという意味があり、昆布には子宝に恵まれる縁起物として知られています。このように、引き出物には慶事のお祝いで縁起物を贈るという意味があります。どの品物も実用的で消耗品なので喜ばれるものになっています。しかし、最近では、引き出物をご祝儀を貰ったお返しの品や結婚の記念品として捉える方が多くなっています。現在は、結婚式のご祝儀の金額は人によって違うため、頂いた金額で引き出物を贈り分けるという考えが主流です。出席した方の年齢や性別で、引き出物を贈り分けている結婚式もあります。贈り分けが出席者に分からないように、引き出物のパッケージは同じものが使われており、配慮が行き届いたものになっています。引き出物の意味は時代とともに変わりますが、周囲の方たちへの感謝の気持ちは忘れないようにしたいものです。

感謝の意味を込めると良い

ギフト

結婚式の際に両親に渡す記念品として人気なのが、生まれた時と同じ重さのアイテムやフォトフレーム、夫婦アイテムなどがあります。どれもインターネット通販で購入できるものであり、お店で購入や依頼するよりも比較的安く購入できます。

もっと読む

結婚式の締め

風呂敷

引き出物を選ぶ際は参列者の家族関係を考えてみましょう。例えばグラスを引き出物にする場合、夫婦ペアセットにすることで喜んでもらえます。また各家庭にある雑貨を贈る際はブランドの製品を用意します。クオリティを重視することが大切です。

もっと読む

記念品の選び方

ウェディング

結婚式では両親への記念品についても考える必要があります。どういった記念品を贈るべきなのか、多くの新郎新婦が悩むことかもしれません。花束や時計、オルゴールなどさまざまな記念品があります。思い出の残る品物を感謝の気持ちとともに贈りましょう。

もっと読む